借り換えを行うなら新生銀行で。

住宅ローンを考えるとき、みなさんかなり悩まれると思います。
住宅ローンと一口に言っても、どの銀行のローンにするかによってその差が数百万になる、なんて話は聞いたことがあるでしょうか。
実際に住宅ローンとなると支払いが長期間に及ぶことが普通です。
そのため、差額も大きくなってしまうのです。
そのため、住宅ローンを考えるときは慎重にならざる負えません。
今現在入っている住宅ローンからの乗り換えも考えなければなりません。
そこで乗り換えるならおすすめなのが新生銀行の住宅ローンです。
住宅ローンの比較サイトでも上位にランクインしている新生銀行。
ここの特徴としては、固定期間は5~35年、金利は(現在の金利で)固定金利で1.650%、変動金利で0.980%、他社からの乗り換えも可能で、保証料は無料となっています。
借入上限は1億円、繰り上げ返済手数料が無料なのも嬉しいですね。
都銀系の銀行と比較すると金利は低く設定されています。
サービス内容も非常に充実しているので、住宅ローン検討時には審査をしておくことをおすすめします。
繰り上げ返済手数料無料なので、余裕ができたときに気軽に返済できることもこのローンの強みです。
返済期間の短縮も可能なので、余裕があるときにまとめて支払うこともできます。
返済方法はインターネットと自動振替の2つがあるようで、ネット決済があるのが便利です。
また、保証料も無料なので初期費用が抑えられると思います。
新生銀行は貯金と合わせて入るとお得になるサービスも展開しています。
新生銀行に口座を持っている方ならお得になることは間違いありません。
また、現在行っているサービスとして新生ゴールドカードに入会すると当初借入金利適用期間終了後もずっと金利が年0.1%優遇されるというものもおこなっているようです。
例えば変動金利タイプの場合、30年間優遇が続くと数十万単位で差が生じてきます。
この差は非常に大きいですね。
また、新生銀行は4つの金利のタイプを用意しているようです。
余裕がある方向きの、変動金利タイプ、一定期間は返済額を確定させておきたい人のための当初固定金利タイプ、完済まで返済額を確定させておきたい人のための長期固定金利タイプ、変動金利と固定金利の両方のメリットを取り入れたい方のミックスローン。
様々なタイプの方のための金利を用意しているのも新生銀行の特徴です。
また、多くの銀行で金利での比較をされますが、新生銀行ではトータルでかかる金額でローンを考えてくれます。
住宅ローンにかかるのは金利だけではないので、初期費用などももろもろかかるお金もトータルで試算してくれます。
私たちにとって損をしない住宅ローンの組み方を考えてくれるのが、新生銀行の良さではないかと思います。
ぜひ、借り換えを行うなら、新生銀行をおすすめします。

---------------------------------------

新生銀行住宅ローン借り換えの審査の対策法ご紹介!!
新生銀行住宅ローンの年収や勤続年数の基準ってしってますか?
審査に通るためのポイントとは?!
あなたの借り換えを必ず成功させる秘訣はなに?!
新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】